アルバイトとパートと正社員との違い

アルバイトとパートの違い、そして正社員との違いは一体何なのでしょうか?

まずはアルバイトとパートとの違いについて調べてみると…

アルバイト:
一時的に雇用される労働者のことで、ある特定の期間の勤務を希望したうえで、簡単な仕事を手伝ってもらうものです。パートと違って、高校や大学などの学校卒業後に辞める確率が高いという人を対象とします。
一時的に不定期で働くので「短期間労働者」と一般的に定義されています。
パート:
健康保険や有給などは正社員と同じ条件を与えられ、労働時間は正社員より短いそうです。決められた一定期間以上の勤務を希望し、正社員と似たような業務内容をこなすものなので、継続的に仕事が出来る人を対象とします。
(例:主婦、学校を卒業した社会人が対象)
非正社員で正社員より短時間で働くので「短時間労働者」と一般的に定義されています。

このように対象とする年代や期間など、雇用形態が違うようです。

では、アルバイト(パート)と正社員との違いは何なのでしょうか?

アルバイトには雇用期間が設定されるため、同じ企業で同じ仕事をずっと続けていけるような保障はないようです。たいてい、数ヶ月単位でアルバイト先を転々としながら、5年後も新人同等の扱いの仕事内容だなんていうこともありそうです。
その反対に正社員には、雇用期間の定めがないので、中途退職さえしなければ定年まで働くことができます。たとえ、未経験からスタートしても、あなたのやる気次第でキャリアアップや管理職などを目指すことができそうです。

それでは給料についての違いはどのように違うのでしょうか?

アルバイトは雇用期間が短く、給料はあまり上がることなく一定のままが多いようです。だからといってアルバイト先を変えると、当然ですがそのたびに、時給や勤務時間が変わってきますし、いつまでも安定した収入を得ることができない可能性が高いでしょう。
そのぶん、正社員との給与の差もだんだん大きくなっていきますよね。
反対に正社員の場合、通常、ボーナスが支給されるほか、給与自体が上がる「昇給制度」もあるので、5年後にはアルバイト時代の給与を大きく上回る可能性が大きいでしょう。

福利厚生については何が違うのでしょうか?

一定の条件を満たせたなら、たとえアルバイトでも雇用保険や社会保険に加入することができます。
しかし、実際にはその条件を満たす前に雇用期間切れになることがほとんどのようです。
また、たとえ「住宅手当」や「育児休暇」などの制度があったとしても、アルバイトでは利用することはできません。
反対に、正社員には雇用保険が適用されるので、もしも会社が倒産したとしても、次の職が見つかるまでの保証があります。
また、社会保険や有給休暇なども充実し、アルバイトとは違って利用することができるので、病気やケガなどで会社を休むこになっても心配ありません。

どうでしょうか?
このようにアルバイト・パートと正社員との違いを知っておくことは大事です。
みなさんも是非、アルバイト・パートと正社員との違いを知った上で働くことにチャレンジしてみてください。


- Rental Orbit Space -